SNS出会い

SNSでの出会い

SNS、ソーシャルネットワーキングシステムの歴史は、2003年頃のアメリカに始まって、今は世界中に広まっています。
その使い方も個人、企業、政府等、幅広いものに発展しています。
SNSで出会える人も、それだけ広がってきているということです。

 

ラブサーチ等のSNSでの出会いのメリットは、自分が出会いたいと思う人物を、その広い世界の中から反映させて選べるということが、一番だと思います。
その人のアップしている『日記』『写真』等からも雰囲気が伝わりますし、ラブサーチの登録メンバー(友達)との公開されているコメントのやり取りを見ると、その人の人柄も自然に伝わってくるものがあります。

 

その上で、もっと話がしたいと思えば、公開のコメントから入って、個人的なメッセージや、ラブチャットをして、更に会話を深めていくことで、自分が本当に求めている人かどうか、お互いの理解を深めていけます。

 

SNSでのメリットは、他にも日常生活の範囲内では自分が出会うことの無い世界の人と、国境も時差も超えて、世界中で繋がっていけるということです。
様々な業界の、様々な人脈と、移動することなく繋がれるメリットがあります。

 

上記で書いたように、更にその人を知りたければ、会話を重ねていけます。

 

そうしたプロセスを経て、会ってみたいとお互いに思えれば、次のステップになりますが、この時点でお互いにかなり理解を深められているので、実際に会っても、それ程には違和感が無く、共通の話題で盛り上がれるはずです。

 

現在、SNSは一つの出会いの場になっていることは確かだと思います。

 

では、そのデメリットとして考えられることには、どのようなことがあるでしょうか。
自分の会いたいと思う目的と、相手が自分に会いたいと思う目的が、ネット上の会話だけでは食い違ってしまう可能性があります。
残念なことですが、中には性的な関係を目的として隠し持っている人も存在します。
真実ではない情報を発信している可能性も、否定しきれない部分があるということです。
実際に会う段階に入る前に、真実かどうか明確な話し合いを重ねることで、少しでもデメリットは回避していけるはずなので、少しでも疑問に感じることは、はっきりと相手に伝えて、質問を重ねるのが良い方法でしょう。

 

個人情報の取り扱いにも十分な配慮が必要です。必要以上の情報を提示することの危険性は大きいからです。

 

トラブルを回避するのは、自己責任だということを常に念頭において、ラブサーチなどのSNSを活用し、出会いを求めるのは、これからの一つの出会いの形です。


いろんなジャンルの出会いが広がる

ラブサーチ